渋谷の歯科クリニックで補助用具を使った歯磨き指導

欧米では、何ともない時から歯科医院に定期的に通って口の中の健康を維持するという予防歯科の考え方が定着しています。

日本では治療が必要な時に行く所というイメージがまだまだ強いのですが、最近は予防のことを考えて歯医者さんに行く人も増えています。

渋谷には予防を重視するクリニックがあり、虫歯や歯周病を予防したいという方が多く来院されています。


渋谷の予防歯科クリニックでは、虫歯や歯周病になってしまう原因についてわかりやすく説明しています。

虫歯や歯周病は、口の中に常在する細菌が原因の感染症です。

渋谷の内科情報といえばこちらです。

細菌は食べ物や飲み物から養分をとって増殖し、コロニーを作ってプラークになります。

ですから、このプラークを丁寧に取り除く毎日のケアが虫歯・歯周病予防のポイントです。


これがプラークコントロールで、毎日の歯磨きが基本です。
しかし、毎日歯磨きをしているのに虫歯や歯周病になってしまうという方が渋谷の予防歯科クリニックを受診しています。渋谷の予防歯科クリニックでは、毎日歯磨きをしているつもりでも実際には磨けていない箇所の歯磨き指導をしています。



多くの方は毎日の歯磨きでは歯ブラシをメインに使っていますが、歯ブラシでは届かない部分にもプラークは溜まっています。
例えば、歯と歯が接している部分は歯ブラシではお掃除することができません。
また歯と歯の間の歯茎もお掃除が必要です。



渋谷の予防歯科クリニックでは、デンタルフロスや歯間ブラシの使い方を指導しています。デンタルフロスは歯と歯の接している面を、歯間ブラシは歯と歯の間の歯茎をマッサージしたり汚れをかき出すアイテムです。歯ブラシとデンタルフロス、歯間ブラシを組み合わせて使うことで、プラークコントロールの効率が大幅にアップします。